平昌オリンピック スノーボード日本代表

SPECIAL

SPECIAL

いよいよ開幕!平昌オリンピック スノーボード出場選手紹介

 

 いよいよ開催した冬季オリンピック平昌大会。スノーボード競技代表選手も発表されいよいよ熱気を帯びてきた。前回のソチ五輪で日本が獲得した8個のメダルのうち3個がスノーボード競技だったこともあり、平昌五輪でもスノーボード競技には一層の期待が集まる。それゆえスノーボード競技日本代表の座を射止めるのは至難の技だ。そんな熾烈な争いを戦い抜き、日本代表に選出された精鋭たちをご紹介しよう。
Text by Masayuki Tsuruta

 

 

【男子ハーフパイプ】

 

 

平野歩夢
[Ayumu Hirano]

言わずと知れた2014年ソチ五輪銀メダリスト。ソチ後、X-GAMESでゴールドメダルを2度獲得するなどさらなる進化を見せている。今大会で最も金メダルを期待させる注目選手。

 

 

 

 

 

平岡卓
[Taku Hiraoka]

ソチ五輪銅メダリストとなった後、X-GAMESでシルバーメダル、US OPEN優勝など確かな実績と経験を積み、万全の態勢で平昌に臨む。

 

 

 

 

 

戸塚優斗
[ YutoTotsuka]

2017年にワールドカップ初出場ながら平野歩夢らを抑えて優勝し、今季表彰台の常連選手へと成長した16歳の新星。天候やコースのコンディションに左右されない強い精神力とすべりは大きな強みだ。

 

 

 

 

 

片山来夢
[Raibu Katayama]

US open 2017で平野、平岡らを抑え5位入賞。世界トップクラスの仲間入りを果たした23歳。抜群の高さと攻めのスタイルで上位入賞を狙う。

 

 

 

 

 

【女子ハーフパイプ】

 

 

松本遥奈
[Haruna Matsumoto]

2017年に入ってワールドカップで2位、スノーボード世界選手権では2007年以来日本人としては二人目となる準優勝。高さのあるFS900(2回転半)に加え、調整中のFS1080(3回転)の仕上がりによっては十分に表彰台を狙える実力者だ。実力と経験を積んだ24歳に期待が高まる。

 

 

 

 

 

大江光
[Hikaru Oe]

様々な国際大会で表彰台と上位入賞を果たし頭角を現してきた22歳。器械体操によって培われたという抜群の身体能力で男顔負けのエアとスピンを繰り出す。アメリカ勢が強い女子ハーフパイプにおいて、大番狂わせを起こすポテンシャルを秘めた選手だ。

 

 

 

 

 

冨田せな
[Sena Tomita]

今シーズンのワールドカップランキング日本人トップ(1/24現在)の好成績、US openで堂々の4位入賞など盤石の実力を見せつつ、今この時も急成長を続ける18歳。現役高校生らしい勢いのあるすべりとスタイリッシュなエアでオリンピックに打って出る。

 

 

 

 

今井胡桃
[Kurumi Imai]

冨田と同じく現役高校生で著しい成長を見せる18歳。スノーボードと真摯に向き合う姿勢と圧倒的な努力で獲得した抜群の安定感、小柄な体格からは想像もつかないパワフルなエアで平昌を沸かせる注目選手だ。

 

 

 

 

【男子スロープスタイル&ビッグエア】

 

 

國武大晃
[Hiroaki Kunitake]

五輪直前に16歳を迎える國武はAir+Style BEIJING 2017ビッグエアで並みいる世界のトップ選手に混じり堂々の4位、1月のワールドカップスロープスタイルでは2位となり、スロープスタイル・ビッグエア共に実力を示した。平昌で旋風を巻き起す 若き期待の成長株。

 

 

 

 

 

大久保勇利
[Yuri Okubo]

今季ワールドカップビッグエアで準優勝を飾るなど、世界トップクラスへと成長した。柔らかな笑顔とはウラハラに長い手足を活かしたスタイリッシュなトリックと大迫力のエアで注目を集める17歳だ。

 

 

 

 

 

【女子スロープスタイル&ビッグエア】

 

鬼塚雅
[Miyabi Onitsuka]

年齢制限の縛りなどからソチ五輪出場は叶わなかったが、その悔しさをバネにスノーボード世界選手権2015優勝、2017銅メダル、LAAXopen2016銅メダルと着実に実績を積み上げ、19歳となる今年満を持して平昌に乗り込む。スロープスタイル、ビッグエアの2冠も大いにありうる実力者だ。

 

 

 

 

 

藤森由香
[Yuka Fujimori]

スノーボードクロスでトリノ、バンクーバー、ソチと3度のオリンピック出場を果たしたのち、28歳でスロープスタイル、ビッグエアに転向。転向以前からスロープスタイル技術には定評があったが転向以降さらに技術に磨きをかけ、最後のオリンピックと位置付けた平昌で表彰台のトップを狙う。

 

 

 

 

 

広野あさみ
[Asami Hirono]

高校卒業後から本格的にスノーボードを始め競技開始が遅かった広野だが、他の選手のアドバンテージをものともしない実績を重ね、見事オリンピック代表の座を射止めた。語るに及ばずその実力は折紙付き。その強靭な精神力と積み重ねた努力が平昌でシンデレラストーリーを生む。

 

 

 

 

岩渕麗楽
[Reira Iwabuchi]

今季よりワールドカップに参戦し、ビッグエアで優勝、スロープスタイルでも2位を獲得するなど破竹の勢いで平昌への切符を掴んだ。若干16歳にして女子の世界最高難易度バックサイドダブルコーク1080を操るニューヒロイン。勢いそのままにオリンピックの表彰台へ駆け上がれるか。

 

 

 

 

 

【男子パラレル大回転】

 

斯波正樹
[MasakiShiba]

今季イタリアで行われたFISレース初戦と2戦目での連続優勝を皮切りに強豪ひしめくワールドカップで自身最高の6位に食い込んだ。脂の乗った31歳が夢の舞台で世界最速に挑む。

 

 

【女子パラレル大回転】

 

 

竹内智香
[Tomoka Takeuchi]

ソルトレイクシティ五輪からソチ五輪まで4度のオリンピック出場を果たしており、ソチで悲願の銀メダルを獲得した。2016年にヒザの怪我と手術を経験したが、それを機にフィジカルを鍛え上げ「過去最高の身体を作ることができた」と語っている。強靭なメンタルとフィジカルを備え、見据えているのは表彰台の頂点だ。

 

 

 

 

■スノーボード競技日

 

 

第2日目 2月10日(土)
【10:00~】
スノーボード 男子スロープスタイル 予選
国武大晃
大久保勇利

第3日目 2月11日(日)
【10:00~】
スノーボード 男子スロープスタイル 決勝
【13:30~】
スノーボード 女子スロープスタイル 予選
鬼塚雅
藤森由香
広野あさみ
岩渕麗楽

第4日目 2月12日(月)
【10:00~】
スノーボード 女子スロープスタイル 決勝
【13:30~】
スノーボード 女子ハーフパイプ 予選
松本遥奈
大江光
冨田せな
今井胡桃

第5日目 2月13日(火)
【10:00~】
スノーボード 女子ハーフパイプ 決勝
【13:00~】
スノーボード 男子ハーフパイプ 予選
平野歩夢
平岡卓
戸塚優斗
片山来夢

第6日目 2月14日(水)
【10:30~】
スノーボード 男子ハーフパイプ 決勝

第7日目 2月15日(木)
【11:00~】
スノーボード 男子スノーボードクロス 予選
【13:30~】
スノーボード 男子スノーボードクロス 決勝

第8日目 2月16日(金)
【10:00~】
スノーボード 女子スノーボードクロス 予選
【12:15~】
スノーボード 女子スノーボードクロス 決勝

第11日目 2月19日(月)
【09:30~】
スノーボード 女子ビッグエア 予選
鬼塚雅
藤森由香
広野あさみ
岩渕麗楽

第13日目 2月21日(水)
【09:30~】
スノーボード 男子ビッグエア 予選
國武大晃
大久保勇利

第14日目 2月22日(木)
【12:00~】
スノーボード 女子パラレル大回転 予選
竹内智香
【12:27~】
スノーボード 男子パラレル大回転 予選
斯波正樹

第15日目 2月23日(金)
【09:30~】
スノーボード 女子ビッグエア 決勝

第16日目 2月24日(土)
【10:00~】
スノーボード 男子ビッグエア 決勝
【12:00~】
スノーボード 女子パラレル大回転 決勝
【12:15~】
スノーボード 男子パラレル大回転 決勝

 

TV放送予定:https://tv.yahoo.co.jp/tv_show/pyeongchang/