NEWS/SPECIAL

INFORMATION

INFORMATION

KEENが自社工場でマスクを製造。全世界で15万枚を被災地や児童養護施設、シューズ購入者に配布。

 

世界中で新型コロナウイルス拡大の影響を受ける中、フットウエアブランドのKEENは、“Together we can help(あなたと一緒だから、できること)”をテーマに、新型コロナウイルス感染拡大の影響に向き合い、活動を行っている。現在、世界中で課題となっているマスク需要を受け、タイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始。全世界で15万枚を無償提供するとのこと。

 

 

マスクの素材には、シューズの材料として調達していた生地を活用。シューズ製造を行うKEENの得意分野である立体縫製を活かした立体マスクはフィット感も高く、リバーシブル仕様で、洗って繰り返し使用できる。このマスクは医療用マスクではないが、感染予防の必須アイテムとして、活用してほしいとのこと。

 

  

   

 

日本国内では、被災地、児童養護施設や女性用シェルター、KEEN関連企業やサプライチェーンの人々に提供。
さらに、2020 年4月28日(火) ※1より、国内KEEN公式オンラインストアにてシューズを購入した人にマスクを届けてくれる※2


一般社団法人OPEN JAPAN :日本全国の災害支援を展開。被災者の心に寄り添った、臨機応変な活動を行う。
特定NPO法人みらいの森:アウトドア体験を通じて児童養護施設に暮らす子どもたちを支える。
有限会社ビッグイシュー:ホームレス状態の方の社会的自立を雑誌『ビッグイシュー』で支える。
特定非営利活動法人BONDプロジェクト:10 代20 代の生きづらさを抱える女の子を支える。
などをはじめとした団体へ提供
※1開始日は前後する場合があります。

※2配布予定枚数に達し次第終了いたします。

 

■KEEN 公式オンラインストア:www.keenfootwear.com